王道⇔裏技 不動産投資法
王道⇔裏技 不動産投資法をお申込みの方に「ビックリ無料特典」をプレゼント致します!




王道⇔裏技 不動産投資法

小林氏の時給20万円実現法=【王道⇔裏技不動産投資】

王道⇔裏技 不動産投資法

それでは、今から小林氏が構築した不労所得構築法=不動産投資法についてご説明いたします。

この方法は、まさに小林氏がデベロッパーで得た不動産業界の王道知識に基づいたものであります。

王道に基づき、王道を知った上で導き出される裏技を駆使した方法となっております。

王道とは、不動産投資の王道ではありません。不動産業界そもそもの王道知識です。

今世間に氾濫している、2000年前半〜2008年頃に多く出版されたような、
サラリーマン大家ブームを作った「不動産投資法」とは一線を画す内容となっております。

つまり、本教材の内容は今までどの書籍や教材でも語られていない内容です。


そもそも不動産投資を始める人のほとんどは、
不動産に関して何も知識のない初心者が多いです。

今を時めく不動産投資家様達ですら、初心者からのスタートだったわけです。

こちらをご覧の皆様も、恐らく初心者がほとんどだと思います。

そんなあなたが、世間に溢れる個人成功型の書籍・教材を読んで、
「この人の方法・考え方に従えば間違いないんだ!」
と思い込み、不動産投資をスタートするとします。

そうなると、どうなるか。ご説明いたしましょう。


“王道=常識を知らない怖さ”

「利回りがすべてだ!地方は超高利回り物件が出る!そこを狙って高収入を!」

という、よく目にする論理をモデルケースとします。

今も、「常識では考えられない高利回り物件を手に入れて、会社からセミリタイヤした!」

などという個人的成功談を紹介する書籍・教材はあります。


そもそも利回りとは、この物件はどのくらいの収入を生み出すのか?という数値のことです。

表面利回り・実質利回りなどありますが、そちらは一つ先の話なので、ここでは触れません。

その利回り(収入)が高いということはどういうことでしょうか。

可能性としては大まかに3つあります。

@物件の収入額を高く見ている=業者の賃料予測が甘いという可能性があります。

もちろん、物件を魅力的に見せて早く売りたいという業者の意図が働けば、
意図的にこのような形になることがあります。

業者の裏の意図を知らずに全て信じて買うと、後で収支が合わずに大変なことになります。

・そうなると・・・最悪の場合返済に滞りが出ます。
・その「返済が滞った」という悪い情報は、金融機関に蓄積されます。
・そうなってしまうと、銀行があなたに追加で融資をすることは難しくなるでしょう。

上記の結果、不動産投資の道が閉ざされることもあります。
安定した不労所得を目指しているのに、これでは全く意味がありません。
このような投資は、非常にリスクが高いと言わざるを得ません。

この他にも、利回りが高いことの理由は後二つありますが、こちらは教材の中で説明しております。

本教材は、今まで不動産投資法として語られてきた手法とは違います。

確実な王道的手法・論理に基づいて、不労所得=不動産投資を実現する内容です。
素人が偶然の方法で買えた不動産が、運よく利回り高く回ったため成功できた!
という偶然の投資とは一線を画す内容となっています。

これを購入するあなたには、不動産のプロの思考になっていただけます。

不動産のプロの思考とは、業界の常識に基づいた思考であります。
不動産投資の常識ではありません。不動産業界の王道・常識です。
財閥系デベロッパーにいたからこそ分かる、勝ち続ける不動産会社の思考をお教えします。

そして、王道だけではなく、王道を知るからこその裏技もあります。

つまり、王道的思考は、裏でも表でも「勝ち続ける不動産投資法」を得ることにつながります。

何万・何十万という不動産オーナーを生み出し続けてきた不動産業界の王道的思考です。

小林氏もこの理論・思考法を知っていたからこそ、若干26歳にして不労所得実現者となれたのです。

ですので、これから始める素人の方には特にお勧めです。
また、ある程度他の教材で勉強された方も、
「決して一般に知れ渡ることのない不動産業界の王道知識を知る」
という意味において、お勧めです。

 ↓      ↓      ↓      ↓     ↓

王道⇔裏技 不動産投資法【ビックリ無料特典付】

※こちらから王道⇔裏技 不動産投資法をお申込みされた方には、ボーナス特典をプレゼント!詳しくは、王道⇔裏技 不動産投資法のお申込みページをご覧下さい。
posted by 王道⇔裏技 不動産投資法 at 21:45 | 王道⇔裏技 不動産投資法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。